ジェームズ・タレル 光の館 空間

ジェームズ・タレルについて

略歴

ジェームズ・タレル Photo by ANZAI
1943 年ロサンジェルス(米国)生まれ、フラッグスタッフ(米国)在住。知覚心理学をはじめ、数学、天文学などの自然科学の諸分野と美術史を学び、1968 年から71年までアメリカ航空宇宙局研究所に勤務後、光を用いた実験的な作品の制作をスタート。また、飛行機の操縦体験からの影響も作品制作に伺える。ジェームズ・タレルは一貫して、光を素材として用い、光を体験する様々な空間を提示することにより、私たちの内奥にある感覚に働きかけ、知覚の本質を問いかけることを探求し続ける。代表作に1979年から今も制作中の「ローデン・クレーター」・アリゾナ、2000年「光の館」・新潟、地中美術館にて公開されている2004年「アフラム、ペール・ブルー」「オープン・スカイ」「オープン・フィールド」があり、以後、世界各国での作品展示に加え、数々の賞を受賞。2013 年には、米国大統領オバマ氏からも「National Medal of Arts」を受賞している。

展覧会(抜粋)

1976
アムステルダム市立美術館
1980
ホイットニー美術館(ニューヨーク)
1982
イスラエル美術館
1983
パリ市近代美術館
1985
ロサンゼルス現代美術館
1989
ニーム美術館(フランス)
1990
ニューヨーク近代美術館
1991
現代美術文化センター(メキシコシティー)
1992
スプリンゲル美術館(ハノーバー、ドイツ)
プラハ城ロイヤルガーデンズ( チェコ)
イスラエル美術館(エルサレム)
1995
水戸芸術館現代美術センター
1997
埼玉県立近代美術館
1998
名古屋市美術館
ヒューストン現代美術館
ブラウン財団ギャラリー
世田谷美術館(東京)
1999
MAK(ウィーン)