うつろう四季と 芸術家のつくりだす光あふれる館

妻有の里とジェームズ・タレル設計の空間。

"House of Light"構想にあたって

初めて北川フラム氏に会った時、越後妻有地域のために「瞑想の館」をつくってほしいと依頼された。
その時、彼に手渡されたのが、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』だった。

彼から示された条件は、豪雪地であるため、床を2.7メートルほど上げてほしいということだった。
『陰翳礼讃』を読み、私はこの地域の伝統様式に則った家屋をつくろうと思った。
谷崎が言う「われわれが既に失いつつある陰翳の世界」。
それを私は、外の光と室内の光を関係づけ、光の中で生活できる空間として実現したいと思った。

外の光とは空の光である。私は屋根がスライドし、開かれた天井から空の光を見上げられるようにした。
「われわれが住居を営むには、何よりも屋根と云う傘を拡げて
大地に一廓の日かげを落し、その薄暗い陰翳の中に家造りをする」
「日本の屋根を傘とすれば、西洋のそれは帽子でしかない」と谷崎は言うが、
私がつくろうとする館の屋根もまた傘でなければならない。
それはまさに覆いかくす傘であり、開かれる傘である。空の光は昼と夜で異なる表情を見せる。
また、室内の光として、私は水の光、浴槽の水の中の光を見下ろすようにしたいと思った。
光ファイバーを使い、水の中の光を体験できるようにした。

2階からは信濃川へと続く木々を見渡すことができ、1階では木々の中にいるように感じられる。
室内は、光のやわらかな変化を体験できる空間とする。障子、床の間など日本人にとって親密な語彙を用いながら、
自然光と人工光を調和させ、「陰翳の美」を創り出す。そこに、空の青、壁の金、床の間の赤、浴槽の緑、
そして全体を覆う黒い色調が微妙なコントラストを与えている。
それは「美は物体にあるのではなく、物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗にあると考える」
日本の文化への、西洋の文化を背景としてきた私なりのアプローチであった。

これまで「光の知覚」を探求してきた私にとって、『光の館』とは、
昼と夜、東洋と西洋、伝統と近代を対比するとともに融合する試みであった。

お部屋のご紹介

1階部屋 (8畳 / 浴室)

庭の間(8畳)

一階からの視線は“森の中”の高さを意識しています。たたきから飛び石が続いており、室内から外へ空間がゆるやかに繋がっています。

浴室(Light Bath)

光ファイバーによる照明。夜、光ファイバーにより水中には光が満たされ、湯船に身体を浸すことで“光”にさわることが出来ます。朝、ガラス戸の先には“同じ明るさの外”に木々が見え、戸を開け放てば森の中での入浴気分を味わえます。

庭の間(8畳)
浴室(Light Bath)
アウトサイドイン(12.5畳)
2階部屋 (12.5畳+6畳 / キッチン)

アウトサイドイン(12.5畳)

屋根がスライドし、開かれた天井から“空”を見ることが出来ます。

回廊

広々とした回廊からは信濃川から越後三山や遠くの山々が見渡せます。四季の移り変わりを間近に感じることが出来ます。

回廊